営業力をあげ収益アップ|経営もスムーズに回ります|電話代行サービスに大助かり
メンズ

経営もスムーズに回ります|電話代行サービスに大助かり

このエントリーをはてなブックマークに追加

営業力をあげ収益アップ

女の人

データによる経営判断

営業支援システムを導入した事例では業務改善できた例しかないといっても過言ではないほど、業務改善され収益アップにつながっています。営業はお客様とお会いして、お電話で、メールでなどあらゆるコミュニケーションツールを使用しお客様との対話を通して契約を取ったり製品を販売したりするのがメインの仕事です。営業成績を向上させるために一番簡単なことはお客様と対話ができる時間を増やすことです。しかしながら、分析もなくやみくもに対話しつづけていても、営業成績をあげるどころか時間の無駄遣いになりかねません。そのため、多くの企業では営業に営業日報、それに基づく週報、月報の提出を義務付けています。正直、日報など報告書にかける時間をお客様との対話にあてたいと考えている営業は多く、営業支援システムの導入は現場でも歓迎されています。

スマホ対応もあります

営業支援システムを導入すると、営業日報を一元データ管理することが可能となります。集約されたデータは営業同志で活用するだけではなく、経営判断の場面でも重要に有効に使えるデータとなります。各個人が抱えている業務内容、契約や販売実績による成果だけではなく、直面している課題をも可視化することで業務改善につなげていくことができます。各担当営業事に散らばっていた大切な情報を営業支援システムに登録し、一元化することで既存顧客に効率的な接客をすることが可能となり見込み客の取りこぼしにも貢献します。ガラケー世代の営業支援システムといえば、会社に戻ってからPCにて入力する必要があり、エクセルベースの日報を提出するのと大差ないと考える企業も多かったと思います。スマホが普及し、外出先からスマホアプリを通じて入力することが可能となり、即時性の高い案件にも対応でき、旬な情報を逃さない営業を実現します。